妊活サプリのご意見投函所

妊活サプリや葉酸サプリのご意見を募集しています

おすすめの妊活法とおすすめの妊活サプリの注意点

妊活と飲酒の関係について

妊活は近年着目されるワードとしてニュースで目にすることも増えてきました。何かしら特別な準備や専門医にかかって指導を受けることばかりが妊活であると思われがちではありますが、決してそれだけが妊活ではありません。これまで当たり前のように妊娠を望むカップルに対して必要と訴えかけられ続けてきた生活習慣の改善も妊活の要素として無視してはならないものなのです。その代表的なものとして飲酒を禁ずることが挙げられます。
飲酒は今時の若いカップルについては男女問わず趣味の一つとしてあげられるほど当たり前のものです。おすすめの一部酒造業界から若者のアルコール離れと言う言葉も出てきていますが、酒豪の女性が珍しくなくなってきている以上、お酒は夫婦二人で楽しんでいるというのも珍しくありませんね。このアルコールは妊娠中は摂取を避けるべきものとして喫煙と並んであげられてきました。
まず男性についてはさほどアルコール摂取による妊活への悪影響というのは今のところ叫ばれていません。もちろん過度の飲酒で体調を悪化させる、臓器に悪影響が出るという意味で適度に控えておくというのは重要ではありますが、妊活だからといってアルコールを避ける必要は必ずしもありません。一方で女性、つまりは母体にとってはアルコールの摂取は妊娠に向けて直接的な影響を与えてしまいます。生理不順が起こると妊娠に向けたスケジュールを立てることが難しくなりますが、アルコールの過度の摂取は生理不順を引き起こす理由となります。

それだけでなく、おすすめのアルコールの摂取によって体内には活性酸素と言うものが生成されます。これが健康な細胞にも攻撃的に作用して妊娠の阻害要因となるリスクがある可能性が指摘されています。具体的な研究として直接的な因果関係は解明されてはいませんが、活性酸素によるおすすめの酸化作用は卵子の老化を促進してしまい、着床やその後の正常な成長を阻害してしまう一つの原因となってしまうのです。

妊活サプリも多くの方が利用しています。種類も豊富で自分に合った妊活サプリを選ぶことができます。
おすすめの妊活サプリはこちらを参考にしています。

ただ直接的なメカニズムが解明されていないこともあり、ほとんどの医療機関で絶対のアルコール摂取を禁止されるということはあまりありません。あくまで大量の摂取を控えて、ストレスを感じない程度に嗜むのに留めることを推奨されています。
夫婦で妊活に臨まれる場合はこうした女性側の事情も勘案して男性が気にせずアルコールを摂るというのは避けたほうがいいでしょう。一緒になっておすすめの妊活を頑張るという意味で二人でアルコール量を制限してみてはいかがでしょうか。

 

不妊治療のきっかけは

27歳で結婚して5年。子どもは欲しかったのですが、なかなか授からず。
30歳を過ぎてから、親や親せきのプレッシャーが強くなってきました。
「孫はまだか」「本家の孫で結婚しているのはお前しかいないのだから、ちゃんと考えないと困る」
欲しくてもできないなか、自分の身内からの言葉にボロボロにされました。なぜできないのかわからず、悩みましたが、不妊治療にまで踏み出せずにいましたが、医療従事者の友人と雑談すると
「32歳までに治療に来てくれれば授けられる可能性は大分高い」
という言葉を聞きました。原因がわからないのに責められることにも疲れ果て、31歳の時に夫婦で相談し、一度病院に行ってみようという話になりました。
通える範囲で実績を出している病院を探し、受診しました。
すぐに検査をすれば色々わかるものだと思っていたのですが、思ったよりも検査ができるようになるまで時間がかかりました。
ただ、最初に丁寧な説明があり、検査には時間がかかるということがわかっていたので、少しは不安が和らぎました。主人も含めすべての検査を受けるまで半年くらいかかったと思います。
幸い基礎体温はずっとつけていたので、基礎体温を測るというプロセスは省略できました。
仕事をしながらおすすめの不妊治療に通ったのですが、ただタイミングを見るだけでも何度も通わなければならず、定時に会議を抜け出させてもらったり、仕事と治療の板挟みになり、ストレスは甚大でした。
職場は理解があり、病院にも通いやすい環境だったのですが、自分の中にある申し訳なさで心の余裕は一切ありませんでした。
タイミング法という、排卵のタイミングを見て子どもを作るという治療だけでも、思ったよりも金額はかかりました。月に1万以上、2万円以内くらいの出費が増えました。
治療を続けていくうちに、原因がわかり、おそらく体外受精という、高額の治療をしないと授かるのは難しいだろうという話になりました。
体外受精は1回の治療で30万くらいかかります。それも1回でできる保障はありません。
何回も繰り返さなければならないかもしれないのです。
また口唇ヘルペスも非常にうつりやすく気を付けなければいけません。
口唇ヘルペスがうつる場合は水ぶくれに注意が必要です。
周りにも本当に欲しくて、体外受精まで行った知り合いはいましたが、長い時間をかけ、治療代だけで子どもを育てて大学を卒業させられるくらいの金額をかけた人もいました。
親や親戚には期待を持たせるとおすすめの「がんばれ」とプレッシャーをかけてくるので、原因と高額の費用を理由に断念したと伝えました。
夫婦ではできるところまでやろうと話し合いました。
幸い市や県からの助成もあるので、助成を受けられる回数だけチャレンジしようということになりました。
仕事の板挟みにも耐えられず仕事はやめました。一ヶ月が長く、闇の中にいるようです。
子どもが欲しいのに授からないのは、本当につらいことです。
しかし、子どもがいなければ幸せになれないということもありません。今は子どものいない夫婦も増えているそうです。
せめて後悔しないように選択をしていく。もがけるだけもがいてみる。
不妊治療はそのためにしました。原因がわかって、家族や親戚からのプレッシャーから逃れられたことが私にとって一番の成果です。
今、治療を考えている方に、「良かったよ」「行った方がいいよ」と全面的にすすめることはできません。とてもつらいです。
どうぞ、自分が後悔しないための選択をしてください。

 

私が妊娠前に行った妊活とは

私は、妊娠する前、身長165cmで体重が67kgでした。運動不足で筋力もなく、低血圧気味でした。太り過ぎも痩せ過ぎも、妊娠しにくくなります。例えば太っている人が妊娠してからも体重が重すぎると、妊娠高血圧になりやすいですし、痩せ過ぎだと胎児が低体重児になりやすいと言われています。妊娠してからダイエットをするのは、難しいことなので妊活前におすすめの筋トレと有酸素運動で、標準体重を維持するように心がけました。お金はかけたくなかったので、自宅で動画を見ながら筋トレをしたり、家の近所を万歩計を付けて1日1万歩歩くようにしていました。

それから、私は喫煙する習慣はありませんが、主人が喫煙者だったので禁煙してもらいました。タバコは、精子の質を悪くしたり、染色体異常などの悪影響を招いてしまうので、妊娠を希望する3か月前から禁煙に協力してもらいました。

妊活する前までは、基礎体温を付けたことが無かったのですが、毎日基礎体温を付けて、自分の体調を把握するようにしていました。体温が35度台だったので、体を温める食材を食べたり、運動をして血行を促進するようにしました。

私は、子供の頃に風疹にかかった記憶がありませんでした。妊娠中に風疹にかかると胎児に影響があるので、風疹の抗体があるかどうかについて病院で調べてもらいました。調べてもらった結果、抗体が無かったので、ワクチンを打ってもらいました。因みに、ワクチンを打った後は、2か月避妊する必要があります。

妊娠中のサプリとして、おすすめの葉酸が人気ですが、私も妊娠3か月前から葉酸を飲んでいました。妊娠してから急に葉酸を飲むよりも妊娠前から葉酸を飲むことで、妊娠を維持しやすくなると聞いたからです。本当は、夫にも葉酸を飲んでもらいたかったのですが、面倒臭がったので代わりに、桑の葉が原料の青汁を毎日飲んでもらうことにしました。桑の葉には、男性の妊活に必要なおすすめのビタミンC、E、亜鉛、鉄、マンガン、カルシウムなどが含まれているからです。夫には妊活のためとは伝えず、健康のために飲むように言ってプレッシャーをかけないように気を付けました。青実は、私も飲んでいましたが、青汁の効果で妊娠中に便秘に悩まされることがありませんでした。葉酸サプリは、出産後も継続して飲んでいますが、産後の抜け毛が思ったよりも少なく済んだように感じました。

余り妊活に気合を入れ過ぎると、疲れてしまうので最低限のことだけ気を付けて、なるべくリラックスして過ごすようにしました。

no image
日本人である女性の初婚年齢は

お子さんを切望しても、なかなか恵まれないという不妊症は、実際のところ夫婦二人の問 ...

no image
日頃の生活を正常に戻すだけでも

ルイボスティーは、35歳以上で出産を期待して妊活に努力している方は、何が何でも摂 ...

no image
「無添加の葉酸サプリ」と言うと

妊活サプリを買い求めようとする際に、もっとも間違いがちなのは、「妊娠が容易になる ...

no image
妊娠が目標の方や妊娠を現在経験している方なら

不妊症治療を成功させることは、そんなに容易なものじゃないと考えます。だけど、前向 ...

no image
生理のリズムが概ね同一の女性と比べて

最近になって「妊活」という文句がちょくちょく聞こえてきます。「妊娠しても危険じゃ ...

no image
子供を授かりたいと

不妊の検査に関しましては、女性の側のみが受けるという風潮があるようですが、男性も ...

no image
妊娠の為に

女の人達が妊娠したいという時に、役に立つ物質が複数存在しているのは、既にご存知か ...

no image
不妊症につきましては

女性というものは、冷え性とかで苦悩している場合、妊娠が困難になる傾向があるとのこ ...

no image
生理の間隔がほぼ一緒の女性と比べて

私自身が摂取していた葉酸サプリは、安全性を一番に考えたお手頃なサプリでした。「安 ...

no image
妊娠又は出産に関することは

レディースクリニックなどで妊娠が確定されると、出産予定日が算出されることになり、 ...

no image
不妊には多種多様な原因が想定されます

大忙しの主婦という立場で、日頃から規定の時間に、栄養豊富な食事をするというのは、 ...

no image
結婚年齢アップが要因で

結婚年齢アップが要因で、子供を作りたいと言って治療を開始しても、想像していたよう ...

no image
不妊症を解消することは

女性の冷えといいますのは、子宮に良い影響を与えることがありません。自明のことです ...

no image
妊活中であったり妊娠中といった

ビタミンを補給するという風潮が広まりつつあると言われますが、葉酸だけに焦点を当て ...

no image
妊娠したいと希望したところで

マカサプリと言うと、身体のあらゆる部位における代謝活動をレベルアップさせる効能を ...

no image
妊娠を目指している方や

妊娠が確定した時期と安定期とも言われる妊娠6~8カ月の時期とで、摂り入れる妊活サ ...

no image
結婚に到達するまでは

女性の冷え性というのは、子宮に良い影響を与えることがありません。当たり前ですが、 ...

no image
不妊症を克服したいなら

後悔することがないように、いずれ妊娠することを希望しているなら、可能な限り早く手 ...

no image
無添加と表記されている商品を手に入れる時は

不妊症で思い悩んでいる女性に、マカサプリは大きな力になってくれるでしょう。ホルモ ...

no image
結婚年齢上昇に従い

高価格の妊活サプリの中に、気になっているものもあるのは当然ですが、必要以上に高価 ...

no image
生理のリズムが安定的な女性と比べてみて

葉酸というのは、細胞分裂をサポートし、新陳代謝を正常化してくれます。ですので、脂 ...

no image
妊娠を切望しているなら

せわしない主婦業としてのポジションで、いつも同一の時間に、栄養素が豊富な食事を摂 ...

no image
この先おかあさんになりたいという希望があるなら

「冷え性改善」に対しては、子供が欲しい人は、従来より諸々考えて、体温を上昇させる ...

no image
妊娠を望んでいるなら

過去には、「少し年を取った女性に結構見受けられるもの」という考え方がされましたが ...

no image
妊婦さんに関しましては

妊婦さんに関しましては、お腹に赤ちゃんがいるので、無駄に添加物を摂食すると、思っ ...

no image
冷え性改善を望んでいるなら

食事に加えて、葉酸サプリを摂取することで、不妊治療との協働効果が目論めますので、 ...

no image
子供を授かるために

不妊症のカップルが増してきていると言われます。調査してみると、ペアの15%弱が不 ...

no image
ちょっと前までは

不妊症と生理不順というものは、密接に関係してことが証明されています。体質を変換す ...

no image
女性達は「妊活」として

無添加だと言われる商品を注文する場合は、入念に成分表を確認しなければなりません。 ...

no image
生活環境を良化するだけでも

しばらくしたらママさんになりたいと言う望みがあるのなら、冷え性改善は即刻観光すべ ...

2017/04/24