妊活サプリのご意見投函所

妊活サプリや葉酸サプリのご意見を募集しています

おすすめの妊活法とおすすめの妊活サプリの注意点

妊活と飲酒の関係について

妊活は近年着目されるワードとしてニュースで目にすることも増えてきました。何かしら特別な準備や専門医にかかって指導を受けることばかりが妊活であると思われがちではありますが、決してそれだけが妊活ではありません。これまで当たり前のように妊娠を望むカップルに対して必要と訴えかけられ続けてきた生活習慣の改善も妊活の要素として無視してはならないものなのです。その代表的なものとして飲酒を禁ずることが挙げられます。
飲酒は今時の若いカップルについては男女問わず趣味の一つとしてあげられるほど当たり前のものです。おすすめの一部酒造業界から若者のアルコール離れと言う言葉も出てきていますが、酒豪の女性が珍しくなくなってきている以上、お酒は夫婦二人で楽しんでいるというのも珍しくありませんね。このアルコールは妊娠中は摂取を避けるべきものとして喫煙と並んであげられてきました。
まず男性についてはさほどアルコール摂取による妊活への悪影響というのは今のところ叫ばれていません。もちろん過度の飲酒で体調を悪化させる、臓器に悪影響が出るという意味で適度に控えておくというのは重要ではありますが、妊活だからといってアルコールを避ける必要は必ずしもありません。一方で女性、つまりは母体にとってはアルコールの摂取は妊娠に向けて直接的な影響を与えてしまいます。生理不順が起こると妊娠に向けたスケジュールを立てることが難しくなりますが、アルコールの過度の摂取は生理不順を引き起こす理由となります。

それだけでなく、おすすめのアルコールの摂取によって体内には活性酸素と言うものが生成されます。これが健康な細胞にも攻撃的に作用して妊娠の阻害要因となるリスクがある可能性が指摘されています。具体的な研究として直接的な因果関係は解明されてはいませんが、活性酸素によるおすすめの酸化作用は卵子の老化を促進してしまい、着床やその後の正常な成長を阻害してしまう一つの原因となってしまうのです。

妊活サプリも多くの方が利用しています。種類も豊富で自分に合った妊活サプリを選ぶことができます。
おすすめの妊活サプリはこちらを参考にしています。

ただ直接的なメカニズムが解明されていないこともあり、ほとんどの医療機関で絶対のアルコール摂取を禁止されるということはあまりありません。あくまで大量の摂取を控えて、ストレスを感じない程度に嗜むのに留めることを推奨されています。
夫婦で妊活に臨まれる場合はこうした女性側の事情も勘案して男性が気にせずアルコールを摂るというのは避けたほうがいいでしょう。一緒になっておすすめの妊活を頑張るという意味で二人でアルコール量を制限してみてはいかがでしょうか。

 

不妊治療のきっかけは

27歳で結婚して5年。子どもは欲しかったのですが、なかなか授からず。
30歳を過ぎてから、親や親せきのプレッシャーが強くなってきました。
「孫はまだか」「本家の孫で結婚しているのはお前しかいないのだから、ちゃんと考えないと困る」
欲しくてもできないなか、自分の身内からの言葉にボロボロにされました。なぜできないのかわからず、悩みましたが、不妊治療にまで踏み出せずにいましたが、医療従事者の友人と雑談すると
「32歳までに治療に来てくれれば授けられる可能性は大分高い」
という言葉を聞きました。原因がわからないのに責められることにも疲れ果て、31歳の時に夫婦で相談し、一度病院に行ってみようという話になりました。
通える範囲で実績を出している病院を探し、受診しました。
すぐに検査をすれば色々わかるものだと思っていたのですが、思ったよりも検査ができるようになるまで時間がかかりました。
ただ、最初に丁寧な説明があり、検査には時間がかかるということがわかっていたので、少しは不安が和らぎました。主人も含めすべての検査を受けるまで半年くらいかかったと思います。
幸い基礎体温はずっとつけていたので、基礎体温を測るというプロセスは省略できました。
仕事をしながらおすすめの不妊治療に通ったのですが、ただタイミングを見るだけでも何度も通わなければならず、定時に会議を抜け出させてもらったり、仕事と治療の板挟みになり、ストレスは甚大でした。
職場は理解があり、病院にも通いやすい環境だったのですが、自分の中にある申し訳なさで心の余裕は一切ありませんでした。
タイミング法という、排卵のタイミングを見て子どもを作るという治療だけでも、思ったよりも金額はかかりました。月に1万以上、2万円以内くらいの出費が増えました。
治療を続けていくうちに、原因がわかり、おそらく体外受精という、高額の治療をしないと授かるのは難しいだろうという話になりました。
体外受精は1回の治療で30万くらいかかります。それも1回でできる保障はありません。
何回も繰り返さなければならないかもしれないのです。
また口唇ヘルペスも非常にうつりやすく気を付けなければいけません。
口唇ヘルペスがうつる場合は水ぶくれに注意が必要です。
周りにも本当に欲しくて、体外受精まで行った知り合いはいましたが、長い時間をかけ、治療代だけで子どもを育てて大学を卒業させられるくらいの金額をかけた人もいました。
親や親戚には期待を持たせるとおすすめの「がんばれ」とプレッシャーをかけてくるので、原因と高額の費用を理由に断念したと伝えました。
夫婦ではできるところまでやろうと話し合いました。
幸い市や県からの助成もあるので、助成を受けられる回数だけチャレンジしようということになりました。
仕事の板挟みにも耐えられず仕事はやめました。一ヶ月が長く、闇の中にいるようです。
子どもが欲しいのに授からないのは、本当につらいことです。
しかし、子どもがいなければ幸せになれないということもありません。今は子どものいない夫婦も増えているそうです。
せめて後悔しないように選択をしていく。もがけるだけもがいてみる。
不妊治療はそのためにしました。原因がわかって、家族や親戚からのプレッシャーから逃れられたことが私にとって一番の成果です。
今、治療を考えている方に、「良かったよ」「行った方がいいよ」と全面的にすすめることはできません。とてもつらいです。
どうぞ、自分が後悔しないための選択をしてください。

 

私が妊娠前に行った妊活とは

私は、妊娠する前、身長165cmで体重が67kgでした。運動不足で筋力もなく、低血圧気味でした。太り過ぎも痩せ過ぎも、妊娠しにくくなります。例えば太っている人が妊娠してからも体重が重すぎると、妊娠高血圧になりやすいですし、痩せ過ぎだと胎児が低体重児になりやすいと言われています。妊娠してからダイエットをするのは、難しいことなので妊活前におすすめの筋トレと有酸素運動で、標準体重を維持するように心がけました。お金はかけたくなかったので、自宅で動画を見ながら筋トレをしたり、家の近所を万歩計を付けて1日1万歩歩くようにしていました。

それから、私は喫煙する習慣はありませんが、主人が喫煙者だったので禁煙してもらいました。タバコは、精子の質を悪くしたり、染色体異常などの悪影響を招いてしまうので、妊娠を希望する3か月前から禁煙に協力してもらいました。

妊活する前までは、基礎体温を付けたことが無かったのですが、毎日基礎体温を付けて、自分の体調を把握するようにしていました。体温が35度台だったので、体を温める食材を食べたり、運動をして血行を促進するようにしました。

私は、子供の頃に風疹にかかった記憶がありませんでした。妊娠中に風疹にかかると胎児に影響があるので、風疹の抗体があるかどうかについて病院で調べてもらいました。調べてもらった結果、抗体が無かったので、ワクチンを打ってもらいました。因みに、ワクチンを打った後は、2か月避妊する必要があります。

妊娠中のサプリとして、おすすめの葉酸が人気ですが、私も妊娠3か月前から葉酸を飲んでいました。妊娠してから急に葉酸を飲むよりも妊娠前から葉酸を飲むことで、妊娠を維持しやすくなると聞いたからです。本当は、夫にも葉酸を飲んでもらいたかったのですが、面倒臭がったので代わりに、桑の葉が原料の青汁を毎日飲んでもらうことにしました。桑の葉には、男性の妊活に必要なおすすめのビタミンC、E、亜鉛、鉄、マンガン、カルシウムなどが含まれているからです。夫には妊活のためとは伝えず、健康のために飲むように言ってプレッシャーをかけないように気を付けました。青実は、私も飲んでいましたが、青汁の効果で妊娠中に便秘に悩まされることがありませんでした。葉酸サプリは、出産後も継続して飲んでいますが、産後の抜け毛が思ったよりも少なく済んだように感じました。

余り妊活に気合を入れ過ぎると、疲れてしまうので最低限のことだけ気を付けて、なるべくリラックスして過ごすようにしました。

不妊には種々の原因があるとされます

結婚の日取りが決まるまでは、結婚とか出産ができるのかと不安に思っていましたが、結 ...

このところの妊活方法

妊娠初期の1~2カ月と割と落ち着いた妊娠の後期とで、摂り込むサプリを切り替える方 ...

葉酸は

私自身が飲んでいた葉酸サプリは、安全性に重きを置いた低価格のサプリでした。「安全 ...

妊娠をサポートするものとして

ホルモン分泌には、レベルの高い脂質が必要不可欠ですから、出鱈目なダイエットに挑戦 ...

生理不順というのは

天然の成分を使用しており、更には無添加のおすすめの葉酸サプリということになります ...

妊活サプリと不妊治療として

冷え性が原因で血行が悪くなると、酸素ないしは栄養などが卵巣に十分に届かず、卵巣機 ...

妊活サプリと生理不順で思い悩まされている方は

病院で診てもらう必要があるほど太っていたりとか、どこまでも体重がアップし続けると ...

妊活サプリと今後ママになることが願望なら

マカト葉酸の二つとも妊活サプリとして販売されていますが、驚くことに、両素材が妊活 ...

ビタミンを補填するという意識が高くなってきたと言っても

冷え性改善を成し遂げたいなら、方法は2つ考えられます。重ね着だの半身浴などで体温 ...

妊活サプリと高齢出産をしようとしている方の場合は

葉酸と申しますのは、細胞分裂を促し、ターンオーバーの正常化に寄与してくれます。従 ...

妊活サプリとこのところの不妊の原因については

妊活サプリを買い求める時に、なかんずくミスりやすいのは、「妊娠を叶えてくれる成分 ...

妊活サプリと私が摂っていた葉酸サプリは

ルイボスティーは、35歳以上という年齢で出産を願って妊活に努力している方は、ぜひ ...

数年以内にお母さんになりたいのなら

妊娠出来ないのは、受精じゃなく排卵に問題があるということも言えなくはないので、排 ...

妊活サプリとホルモンを分泌するためには

一昔前までは、「年齢がいった女性に結構見受けられるもの」という受け取られ方をしま ...

妊活サプリと妊娠したいと思って

生理不順というのは、放置したままにしておくと、子宮だの卵巣が委縮する形となり、不 ...

妊活を始める

妊活にストレスは大敵 30過ぎてからの結婚だったので、すぐに子供が欲しかったので ...

妊活サプリの副作用など

主人と一緒に妊活をして、精神的に救われました。 第一子を出産後、第二子を妊娠した ...

妊活をサプリの効果

妊活は食生活の改善からスタート 勤めていた会社を辞めて、本格的に妊活を始めたとき ...

妊活のすすめ

男性にも妊活は必要なのか 妊活と聞きますと女性が多く行っているイメージがあります ...

2017/04/24